27歳のボクが考える仕事・人生に対する考え方まとめ

27歳のボクが考える仕事・人生に対する考え方まとめ

 

皆さんこんにちは!

『1円起業コンサルタント』の阪井裕樹です。

今日もよろしくお願いいたします(^^)v

今日は先日めでたく?(笑)27歳になった阪井裕樹が、実際何を考えているの??ということについて答えていきたいと思います。

好評であれば、このブログを読んでくださっている皆さんから質問を頂いて、ボクがそれに回答させて頂く、という形でシリーズ化したいとおもいます。

今回は仕事・人生についてです。

【仕事・お給料・やりがい・コミュニティ・インターネット・将来】

の6つのテーマに沿って回答していきますね。

基本的にボク個人の考えのため、全ての若い世代がこういう考えだ!ということでは無いので予めご了承ください。

では、スタートです。

仕事について

27歳のボクが考える仕事・人生に対する考え方まとめ

ボクたちのような、現在25歳前後の人たちは、学生時代からいろいろとオトナ達に振り回されてきました。

代表的なのがゆとり教育ですね。

この世代以降に生まれた人は、無条件で「これだからゆとり世代は」と言われてしまいます。

オトナ達が決めたことなのにとやかく言われるって、全くもっておかしな話です。

ボクたちにとっては拒否する権限すらなかったのに。

結局廃止になって、後に残ったのは「これだからゆとり世代は」という意味不明なオトナ達からのバッシング。

自分達は悪くないのに、ナゼかバッシングされるという、、、アレは一体何だったんだ!と本当に思います。

また、就職活動の時も、86年生まれでストレートで大学に行っていれば、ギリギリ売り手市場でしたが、1年浪人して入学したら、ものの見事にリーマンショックとぶつかるという。。。

ボクも浪人組だったのですが、本当に、就活が始まる2ヶ月前までは「就活なんて簡単だ〜!」という雰囲気だったのに、いざ始まる2週間前になっていきなりあのリーマンショックですから(笑)

もはや笑うしかありませんでした(^^;)

結局就職氷河期となり、就職活動には大変苦労しました。

大変な苦労をして入社したら入社したで、若者を使い捨てするブラック企業の存在があり、ボクたちは苦しめられました。

現にボクは大手旅行会社にいたにも関わらず、2年間でもらったボーナスはわずか2万円でしたから(笑)

しかも、サービス残業万々歳で、休日出勤も当たり前、でした。

しかし、、、改めて振り返ると、とんでもないですね(笑)

そんな時代を過ごしてきたボク達にとっては、「働き方を考える」というのは自然な選択肢です。

終身雇用も崩壊し、雇用も安定しない、そんな状況で働いているからこそ、今までのような「お金のために働く」ということではなく、「自分らしく働きたい」というのは自然な選択ではないでしょうか。

またインターネットの発達も、働き方を考えるようになった一つの要因です。

ボクたちは小学生・中学生の頃からパソコンに触れ、インターネットを通じて世界の情報をGETしてきた世代です。

これは今までにはないことです。

日本という枠に捕われた働き方だけでなく、海外の働き方についても様々な情報を学生時代からGETでき、留学も比較的容易に行くことができる世代でした。

そんな状況にあるからこそ、「お金のために」や「1つの会社で」という考えに捕われなくなってきたのだと思います。

お給料について

これは上記の仕事感に繋がるところがありますが、今の若い世代はあまり給料に固執していません。

また働き方についても、正規社員で働く人もいれば、フリーターの人もいます。

なぜこういった多様な働き方をしているのか、

その答えは「今の日本では死なない」ということにあります。

例えば、全くお金が無くなっても、即日即金バイトなんて探せばいくらでもあります。

また、寝泊まりすることろも、今では24時間営業のネットカフェが沢山ありますので困りません。

以前は「正社員になって定年まで勤めないと、クビになったら一家が路頭に迷う!」ということがありましたが、今はそんなことはありません。

贅沢はしないまでも、生きていくことができます。

社会的インフラが整い過ぎているくらい整っています。

「今の日本では死にはしない!」

これが、過去のように「一つの会社で定年まで」という概念を崩壊させた要因です。

やりがいについて

今の若い世代は、この「やりがい」にもの凄く貪欲です。

正直やりがいがあれば、給料は多少安くても問題ありません。

これはオトナ達に振り回され、不安定な時代を過ごしてきたため、です。

ボクたちはバブルを経験していません。

小さい頃から「日本は不景気」や「過労」や「うつ」というような、マイナスな情報ばかり目にしてきました。

日本に対する期待とか、そういったものは全く無く育ってきたんですね。

そのため、こんなマイナスな情報しか無い日本で生きていくために、自分が働くときには「やりがい」のある、多少給料が安くても「自分らしく」働くことができる仕事やコミュニティを求めるのは当然です。

ここまで27歳のボクが考える、今の若い世代の仕事・お金に関する考え方を書いてきました。

でも、まだまだ

・コミュニティについて

・インターネットについて

・将来について

と書きたいことがありますので、この話はまた次回お伝えします(^^)

27歳のボクが考える、人との付合い方、将来についてのまとめ

最後までありがとうございました!

では、また!

 

『1円起業コンサルタント』

阪井裕樹

より深く学びたい方・セミナーへ参加したい方はメルマガへ登録ください。

より深く学びたい方・セミナーへ参加したい方はメルマガへ登録ください。
副業/独立して1人起業を実践している方が、「集める」のではなく『集まる存在』になるためのメルマガを週2回配信しています。

自分がワクワクして行動が止まらなくなる"起業エンジン"を見つけたい。
毎日投稿しなくても集客に困らない「Web × リアル」ブランディングを学びたい。
「集める」のではなく「集まる存在」になり、『断る集客』を実践したい。
売り込みせずに「お願いされる」ビジネス構築を目指したい。

このような方は、このメールマガジンを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはメルマガでの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

facebookでコメントする。