ノート3冊分の自分史ヘッダー画像

仕事について

Category
主体的に動けるようになるための脳科学の話
人間は反射で生きている 世界的名著の「7つの習慣」にも書かれていることですが、人間は基本的に反射で生きているため、物事に対して理屈や考えをあまり必要としない生活をしています。 つまり、思考する、もっと言うと、考えて動く、前回のブログでも書いた「知覚動考」を普段からあまり行っていないため、「自分で考えて動く」ということが...
「どうやって働くか」ではなく「働く意味」を考えよう。
こんにちは。 ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。 働き方に注目していませんか? 「働き方ではなく"なんのために"働くのか」 最近、改めて心に留めている言葉です。 仕事というもの...
初めて異業種交流会に行った結果→そこは魔界の入口でしたww
日本全国、毎日どこかで開かれているビジネスマンの祭典。それが「The異業種交流会」正直行く意味ありません。あんなのに時間を割くくらいなら、ブログを書いていたほうがよほど有意義な時間になる。人見知り起業家が初めて参加した異業種交流会体験記!
時間の費用対効果を考えると仕事辞めたくなるのは当然だ。
by Thomas Leuthard   最近強く思うこと。 「時間は有限である」 当たり前のことだけど、本当当たり前すぎて意外とこの重要性に気づいていない人が多い。 今回は仕事という視点から、「時間は有限である」ということについて書いていきます。 仕事辞めたい人は、まずは自分の時間を把握しよう 1日最低8時...
働かないおじさんから学ぶ、キャリア形成論
先日「働かないおじさんは何故生まれるのか」という記事を読んだので、今回は「働かないおじさん」について私なりの意見を書いていこうと思います。 ※元ネタはリンク切れのため、リンクが貼れず。 毎月無条件で手元に入る「給料」 以前、給料の仕組みについてはブログで書きました。 まずは給料以外に稼げ!会社を辞めたいと言うのはそれか...
終身雇用崩壊時代に生き残るための武器の見つけ方
終身雇用が崩壊し、1つの会社で定年まで、という働き方が通用しなくなっている現在、私達自身も自らのキャリア構築について真剣に考えなければならない時代に突入しました。そう聞くと、気が早い人は副業を探したり、転職先を探したりしますが、それでは根本的な解決にはなりません。まずはあなたの働き方がどの位置にあるのか。それを考えると...
新入社員が会社辞めたいというのは、大量一括採用に原因がある。
毎年恒例、就活の季節ですね。この時期、真新しいスーツに身を包み、一生懸命頑張っている就活生を応援したくなります。同時に5月病もそろそろ。新入社員が辞めてしまう時期でもあります。せっかく入社したのに、すぐ辞めてしまう、これでは社員、会社双方にとってとても残念です。そうならないためにはどうすればいのか、考えてみました。
仕事を辞めたい→起業だ!→まずは苦手克服→この流れ、アウトです。
起業をする際に、「まずは苦手を克服してから」「準備ができてから」と言う人がいます。こういう人は大抵言うだけで終わるんですよね。時間には限りがあります。苦手を克服しようとするのに膨大な時間を割くより、得意にフォーカスして伸ばすことに全力投球したほうが、結果が出来るのは断然早いです。