たった1つだけ。起業直前にもう一度考えて欲しい事。

こんにちは。
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。

著名人の発信や、経済、環境整備などから、近年は本当に「起業」をする方が増えてきています。

そして、起業をする人が増えると同時に、起業で失敗する。苦しくなってしまう人も増えています。

そこで、今回は、起業直前に1度で良いので、考えて欲しい「たった1つの事」をお話させていただきます。

阪井の暗黒時代

「ヤバい、、、お金が無い!!」

阪井には実は、 とんでもなくお金に困っていた時があります。

ちなみにそれは社会人2年目のときのこと。

旅行会社は本当給料が少なくて、 ぶっちゃけバイトをしたほうが いいんじゃいかっているレベルでした(苦笑)

どのくらいお金に困っていたかというと、 お刺身が大好きにも関わらず 買うお金が無いので、 代わりにお酢とわさび醤油をご飯にかけて、 「なんちゃってお寿司」 で乗り切るくらいのお金のなさです。

焼き肉食べたいけれどお金が無くて、 煙でご飯食べるのと同じレベル感(苦笑)

あ、ちなみに「なんちゃってお寿司」は 意外と美味しいので、 試したい方は是非w

人間、マジでピンチになると、 まるで火事場の馬鹿力のごとく 頭をフル回転させて考え始めます。

  • バイトをする
  • 人から借りる
  • 自分で稼ぐ

様々な方法を考え、実行に移します。

その時に、「出来るかな」なんてことは 考えません。

だって死活問題だから。 やらなきゃ死ぬから。 完全にリミッターが外れ、 後先考えずに色んなことにチャレンジしました。

まあ、当時はなりふり構わずやっていたので、 結局どれも上手くいかなくて、 社会人になったのに 親からお金を借りるということで 落ち着いたのですが。

そしてこの後、 阪井はネットワークビジネスに手を出し、 友達が周りからいなくなるという、 悲劇にも見舞われました(苦笑)

今振り返ると必死だったなと思います。

こういった色んなことがあったからこそ、 なにくそ根性というか、 「絶対独立するんだ!」 という『覚悟』が阪井の中で生まれた気がします。

だからこそ、 3年間の副業生活を経て、 サラリーマンのお給料の3倍以上の売上を 副業にも関わらず安定して叩き出し、 独立することが出来ました。

本気で無ければ、痛い目みますよ。

タイトルにもつけましたが、 今回は結構厳しいことをお伝えしようと思います。

なぜなら、「起業」や「独立」をほわほわ〜んと なんだか漠然と良いものとして捉えていて、 「自分に出来るかな」 と考えてはいる。

しかし、『覚悟』が決まっていないためいつまでたっても自分のリミッターを外すことが出来ず、やることが全て中途半端な人が 最近増えていると思ったからです。

質と量は比例しないことを トレード・オフと言いますが、 起業、特に個人起業に関しても、 「やりたい!」という人数が増えると必然的に本気の人の数が減ります。

起業したい人が増えるに伴って起業コンサルや起業講座といったものも増えていますが、 お金や時間を使っているけれども 思ったような結果に繋がっていない人が増えています。

コンサル側からしたら売上が欲しいので、「あなたでもできますよ!」と当然煽りますよね。

そして、決まった期間で 「はい、終了」という パターンが非常に増えています。

少なくとも、自分のお金と時間を 投資したのであれば、それを回収しないといつまでたってもお金と時間ばかりが出ていく「消費体質」から抜け出すことが出来ません。

でも、それっておかしいと思うんですよ。

コンサル、受講者双方に問題があります。

やっぱり、副業から独立するって、もの凄いエネルギーが要るんですよ。

なぜなら、それまで毎月定額でもらっていた お給料というのが無くなるんですからね。

独立してから今まで、 正直言うと「生き残った」という表現のほうがしっくりきます。まさにサバイバル。

だからこそ、あなたには今1度考えて欲しい。

あなたがやりたいのは、 求めているのは「副業」なのか。それとも「独立」なのか。

この求めているものに対する意識の差が、結局は独立出来る人なのかどうかの 分かれ目だと思います。

これは別に会社員だけでなく、 今流行の主婦起業や女性起業にも当てはまります。

旦那さんのお給料があるから出来ているのが楽しいのか。それを自分は求めているのか。それとも、 旦那さんのお給料に頼らずに、自分で家族を養うくらいの覚悟を持ってやっているのか。

この意識の差が後々 大きな結果の差となって出てきます。

そりゃ口では何とでも言えますよ。

でも、いくら口に出していても、自分や旦那さんの「お給料」という存在がある以上、いつでも戻る場所はあるので、結局はいつまでたっても 『中途半端』で終わってしまうんです。

あなたは 「副業」と「独立」 どっちを目指しているんですか?

このゴール設定によって、 動きがガラリと変わります。

副業のままだったら、好き勝手やっていればいいので、別にコンサルを付ける必要はないと思います。

だって、別にリミットはないですからね。好き勝手やったらいい。

主婦起業も、ご主人のサポートを受けながら自分の出来る範囲でやる、これもまたその方の生き方なので否定しません。

でも、自分自身で独り立ちする「独立」を本気で目指しているのであれば、話は別です。

「独立」を本気で考えているのであれば、まずは自分やご主人の「お給料」に頼るのをやめてください。

それは全額貯金や自己投資にまわして独立後のために備えて、普段の家族全員分の生活費は 自分の副業や起業のサービスでまかなってください。

こうやって負荷をかけることで、自分の中のリミッターが外れます。

こう書くと、「いや、まだ稼げていないから・・・」という方が必ずいます。

「 まだ」って、いつになったらできるんですか。そうやってまた先延ばしにするんですか。

その考え、マジで起業をなめてますよね?あーだこーだ言わず、やるんです。自分でリミッターを外してください。

その経験、必ず独立後に活きてきますから。

一応念のために言っておきますが、 別に阪井は独立を勧めている訳ではありません。むしろ、大変だからやめたほうがいい とさえ思っています。

『中途半端』な気持ちで 「独立したいです」とか言っている 起業をなめてる人が最近増えているので、勢いで独立して痛い目をみないためにも、ご自身のスタンスを今1度考えて欲しいと思い、敢えて書かせて頂きました。

起業は楽しいです、マジで

ここまでかなり厳しいことを書きましたが、とはいえ起業は楽しいです。

心の底から起業して良かったと思っています。

なぜなら、自分の理想とする世界を自分の力でつくることができるんですからね。

しかも相手に感謝されてお金を頂けるってこんなに幸せなことはありません。

起業は素晴らしい。 だからこそ、本気でチャレンジしてほしい。

やったりましょう!! あなたの本気、みせてください。

阪井裕樹

(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー
『明日目覚めるのがワクワクする社会の創造』をテーマに<人の可能性を最大化する>事業を展開。
相手の笑顔のシワの1つ1つまで見えるような「距離の近い」事業づくりが目標。
珈琲/イチゴ/エビ好きな旅宿マニア

12/31まで!【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!

詳細・登録は以下よりどうぞ

facebookでコメントする。