起業直後。リッツカールトンから学ぶ「一貫した行動」の重要性

こんにちは。
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。

起業をすると、会社以外の人との交流も多くなり、色々な情報に触れる機会が多くなります。

その情報の中には、

  • 正確なものや、そうでないもの。
  • 自分にあってるもの、あっていないもの。

など、様々。

そんな中、サラリーマンとは異なり、全ての事を自分で決めなきゃいけません。

特に起業直後の場合、自分の判断に自信が持てず、信用出来る人のアドバイスを鵜呑みにしてしまう。

そんなこともあるかと思います。また、判断がブレてしまう事もあるかと思います。

その際に問題になるのが、「一貫性」が無い事です。

なぜなら、一貫性が無い行動を取ることで、仕事をする上で一番重要な「信頼」を無くしてしまうためです。

そこで今回はリッツ・カールトンの事例を元に

  • 一貫した行動を取る事の重要性
  • 行動に迷った時にどうしたらよいか?

といった事をお話しさせて頂きます。

リッツ・カールトンが高価格を維持できている理由。

リッツ・カールトンをご存じでしょうか?

↓↓リッツ・カールトンのHP↓↓

http://www.ritzcarlton.com/jp

リッツ・カールトン関連の本も沢山出ているので、恐らく皆さん名前はご存じかと思います。

日本では、東京・京都・大阪・沖縄に展開。

いずれも1泊5万円以上と、言わずと知れた一流ホテルです。

1泊5万円以上ってなかなか気軽に泊まることはできませんよね。

でも、そんな価格帯にも関わらず、リッツ・カールトンは多くのファンを獲得し、他のホテルとの価格競争にも巻き込まれることなく、トップラグジュアリーホテルの座を長年キープしています。

どうしてそんなことが出来るのか。

それが、リッツ・カールトンの差別化戦略、「満足を超える”感動”」です。

リッツ・カールトンで感動体験が出来る理由。

リッツ・カールトンとWEBで検索すると、宿泊したお客さまの数々の感動体験を見つけることが出来ます。

感動体験は、マニュアル通りにやってたのでは決して生まれません。

スタッフ1人1人が自分自身で考え、お客さまのために行動して初めて、感動を生むことが出来ます。

そのために、リッツ・カールトンのスタッフは、1人あたり2000ドル(日本円で約22万円)の裁量権が認められています。

こういった、スタッフ1人1人が自分で考え、行動する土壌があるからこそ、宿泊客に最高のおもてなしをすることが出来るんですね。

リッツ・カールトンの行動指針

でも、いくら裁量権があるからといって、スタッフ1人1人が勝手に動いていたのではリッツ・カールトン「らしさ」を保つことが出来ません。

スタッフ1人1人がリッツ・カールトン「らしさ」を保ち、宿泊客のために行動するには、スタッフとしての行動指針が必要となります。

それが、かの有名な『クレド』です。 (ご存じ無い方は、ぜひ検索してみてください。 )

クレドの大事さ

先日、リッツ・カールトンのスタッフのトレーニング担当の方と話をする機会があったのですが、その方が仰っていた言葉が印象的でした。

「スタッフも人間なのでいつでも完璧なわけではない。

そんな時は必ずクレドを読み、初心に返るようにしている。

また、毎朝クレドを読むことで これからリッツカールトンのスタッフとして、今日も働くことを誇りに思えるようにしている」

 リッツカールトンのスタッフでさえ迷うこともある。

そんな時はクレドを読み返し、「これはリッツカールトンとして正しいのか」という 判断基準を確認することで、あの素晴らしいサービスが生まれているんですね。

起業家が持つべき"行動指針"

ここまでリッツ・カールトンの例をとって説明してきましたが、私が「自分軸」や「Mission」をセミナーやコンサルティングで扱っている理由も似ています。

起業は答えの無い道に進むことのため、つい迷ってしまったり自信が無くなってしまうことがあります。

そんな時に、ふと振り返って、「自分軸」や「Mission」に立ち戻ることで、思考・行動に『一貫性』があるかをチェックすることができます。

「自分軸」や「Mission」は前へ進むための推進力の役割も果たします。

一方で、 困ったら立ち戻ることが出来る場所。 そして、 自分自身を再確認することが出来る場所。

でもあります。

起業した後に何か迷うことがあったら、「自分軸」や「Mission」に戻って考える。

そうすることで一貫性のあるビジネス展開が可能となります。

世界で"一流"と呼ばれている企業は全てMissionに基づいた"一貫性"を持っています。

確かに私たちは事業規模は小さいかもしれませんが、起業・独立という分野では事業規模は関係ありません。

あなたご自身のリッツ・カールトンのクレドのような"一貫性"は一体なんでしょうか。

ぜひ、自分自身に問いかけてみてくださいね。

阪井裕樹

(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー
『明日目覚めるのがワクワクする社会の創造』をテーマに<人の可能性を最大化する>事業を展開。
相手の笑顔のシワの1つ1つまで見えるような「距離の近い」事業づくりが目標。
珈琲/イチゴ/エビ好きな旅宿マニア

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!
  • ワクワク出来る仕事をする
  • 「集める」ではなく「集まる」存在になる
  • 持続可能なビジネスを作る
この3つを”全て”実現するためのメソッドが詰まったe-bookを『期間限定』でプレゼントしています。

ワクワク出来る仕事をしたい
いろんな起業コンサルにお願いしたけれども、成果が出ない
現在の仕事を楽しめてない
このような方は、このe-bookを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはe-book読者さんの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

facebookでコメントする。