「世阿弥」から学ぶビジネスにおける3つの視点

こんにちは。
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。

「世阿弥」ご存じですか?

今日は少しテイストを変えて、「世阿弥」の話をしていきたいと思います。

あなたは、世阿弥はご存じですか? 恐らく、社会の教科書に載っていたという程度でご存じかと思います。

実は阪井も、恥ずかしながら知識としてはそのくらいです。

父親の観阿弥とともに、現代の「能」を大成した方ですね。

では、そんな「世阿弥」をなぜ紹介しようと思ったのか。

それは、世阿弥の残した書籍に、ビジネスをする上で大事な3つの視点について記載があったからです。

世阿弥が遺した3つの視点

世阿弥が遺した「花伝の書」には役者に向けてこう書かれています。

役者は、「我見」「離見」「離見の見」の3つの視点を意識することが大切。

「我見」とは舞台からお客様を見る目。 しっかりみないといけない。

「離見」とは、お客様から自分を見る目。

そして、「離見の見」とは、 それら全体を俯瞰して見ること。

この3つがあってこそ、よい演技ができる。

ビジネスにも必要な視点

「世阿弥」の言葉は、役者に向けて書かれたものですが、これはビジネスにも通じることですよね。

相手をしっかりと見ること。

そして、自分も相手から常に見られているということを意識すること。

さらに、自分と相手を包括して、全体を把握すること。

これは自分のサービスをつくるときももちろん必要ですが、 相手と話をする時にも重要になります。

例えば

  • 営業をしている時
  • 個別セッションでクロージングをする時
  • 普段のセッションをする時

にすごく意識すべきことです。

1回1回が真剣勝負

舞台は、毎回が1発勝負の世界。 私たちも一緒です。

特にコンサルやコーチとして相手の話を聴く、主にセッションをするようなことを仕事にしている人は、毎回毎回が真剣勝負です。

もしかしたら、たまに力が抜けてしまうこともあるかもしれません。

でも、ビジネスは相手という存在があって初めて成り立つものです。

相手をしっかりと見て、そして、相手からも見られている 。

これを意識すると共に、ついつい熱中して主観的になってしまいがちなところを、一歩引いて客観的に見る。

これって、ビジネスをする上でとても大事なことだと思うんです。

ぜひ、改めて意識してみてくださいね。

阪井裕樹

(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー
『明日目覚めるのがワクワクする社会の創造』をテーマに<人の可能性を最大化する>事業を展開。
相手の笑顔のシワの1つ1つまで見えるような「距離の近い」事業づくりが目標。
珈琲/イチゴ/エビ好きな旅宿マニア

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!
  • ワクワク出来る仕事をする
  • 「集める」ではなく「集まる」存在になる
  • 持続可能なビジネスを作る
この3つを”全て”実現するためのメソッドが詰まったe-bookを『期間限定』でプレゼントしています。

ワクワク出来る仕事をしたい
いろんな起業コンサルにお願いしたけれども、成果が出ない
現在の仕事を楽しめてない
このような方は、このe-bookを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはe-book読者さんの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

facebookでコメントする。