100万人に1人の「レア」な存在になるために必要な考え方とは?

こんにちは。
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。

いきなり100万人に1人は難しい

あなたがもし、自分のセミナーをやるとしたらまず最初に何をしますか?

セミナーをするときにまずすべきことが、「ニーズの把握」です。
ニーズとは、自分のターゲットが抱えている悩みや壁のこと。
例えば、「喉が渇いた」のような、●●したい!というもの。
それに対して、私たちのようなサービスを提供する側はソリューション(解決策)を提示するわけです。

ニーズに対してのソリューションは多種多様。
だからこそ、例えば起業コンサルをしている人が沢山いたとしても、「起業したい!」というニーズに対してのソリューション(解決策)は沢山あるので、起業コンサルが沢山存在するんです。

的確にニーズを捉え、ソリューションを提供していくことが求められます。

これはセミナーでも一緒です。
まずすべきことは、自分が役に立つことが出来る人の「ニーズを把握すること」 
そのために、事前にヒアリングをすることが必要なのです。

実際私も、セミナーを開催する際にはヒアリングを毎回行います。
そこで、起業エンジンのつくり方セミナーをつくる際にコンサルパートナーに自分史を書く前と後の変化についてインタビューを行っています。

ノート3冊分の自分史を書く前に多い悩み

ノート3冊分の自分史を書く前の悩みで多かったのが

  • 自分の強みは何か
  • 差別化ポイントはどこか

の2つです。
必ずと言って良いほど出てくるこの2つの質問。

そして、どうしてこれらが悩みになっているのかヒアリングを進めていくと、ほとんどの場合が 「1点突破を目指している」 ということに起因することが分かったんです。

1点突破を目指しているということはつまり、 「自分の中で他人と差別化出来る圧倒的なものは何か」 という、例えるなら「100万人に1人」レベルのものを自分の中やサービスで求めようとしてしまっているということです。

そんな、まるで丸腰でエベレスト登頂を目指すようなことをしようとしているから

  • 自分の強みなんてない
  • 差別化ポイントが分からない

といったことに陥ってしまうんです。

まずは100人に1人を目指そう

いきなり「100万人に一人になると」いうような超高次元なことやめっちゃ凄い人感を出すことは、まず無理です。
だって初心者ですからね(苦笑)

とはいえ、やっぱり凄い人感を求めてしまうのは人の性なんでしょうか?
「目が覚めたらスゴい人になっていた!」なんて都合のいい話は無いので、まずは等身大の自分で勝負しましょう。

100万人に1人とか、1万人に1人とか、いきなり頂点を目指すのではなく、まずは自分が「100人に1人」の存在になることを目指していきましょう。

教育改革実践家の藤原和博さんの教え

教育改革実践家の藤原和博さんは、著書「必ず食える1%の人になる方法」の中で100人に1人を「雑居ビルに1人」1万人に1人を「町に1人」100万人に1人を「世代に1人」と定義しています。

雑居ビルに1人ということは、例えば自分がいる会社の部門で1番だったり、自分が所属しているコミュニティで何らかの分野で1番になるイメージですね。このくらいならできそうじゃないですか?

そのため、まずは100人に1人の存在であるもの、もしくは今後その可能性になりそうなものを見つけていきましょう。

100×100×100=100万人に1人

1つの分野で100人に1人の存在になることが出来たら、次は関連する分野で100人に1人の存在になることを目指しましょう。

そして100人に1人となる分野・スキルを3つ持っておけば、100×100×100=100万人に1人の存在になることが出来ます。

阪井の例で言うと

  1. ノート3冊分の自分史を使った強み発見
  2. Webマーケティング
  3. セミナー・高単価バックエンド設計

という3分野です。
それぞれの分野で突出した方はもちろんいます。
そして、阪井は全ての分野で突出しているかというと全然そんなことはありません。
でも、この3分野を全部出来る人というのはほとんどいないというのが阪井の独自性なんですね。

あなたの3分野はなんですか?

ここまで、3つの分野を組み合わせることで100万人に1人の存在になるための方法についてお伝えしました。

強み発見とか、差別化って一見すると難しいですが、要は組み合わせです。
どれを、どのように組み合わせるか。
これによって、あなたも100万人に1人の存在になることができますよ(^^)

あまり難しく考えずに、まずは100人に1人を目指していきましょう!

阪井裕樹

(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー
『明日目覚めるのがワクワクする社会の創造』をテーマに<人の可能性を最大化する>事業を展開。
相手の笑顔のシワの1つ1つまで見えるような「距離の近い」事業づくりが目標。
珈琲/イチゴ/エビ好きな旅宿マニア

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!
  • ワクワク出来る仕事をする
  • 「集める」ではなく「集まる」存在になる
  • 持続可能なビジネスを作る
この3つを”全て”実現するためのメソッドが詰まったe-bookを『期間限定』でプレゼントしています。

ワクワク出来る仕事をしたい
いろんな起業コンサルにお願いしたけれども、成果が出ない
現在の仕事を楽しめてない
このような方は、このe-bookを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはe-book読者さんの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

facebookでコメントする。