ノート3冊分の自分史ヘッダー画像

あなたのミッションは「ミッションもどき」になっていませんか?

あなたのミッションは「ミッションもどき」になっていませんか?

こんにちは。
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。

ミッションという罠

「自分が上手くいかないのはミッションが無いからだ」

「ミッションさえあれば上手くいく」

最近、こんな声を聞くようになりました。

ノウハウで差別化をするのはもう限界。
だからこそ、自分自身をきちんと理解して自分らしく活動したい。

そんな方が増えています。

実は、これは50%あたっていて、50%ハズレています。

最近、ミッションという言葉が1人歩きしている気がして、なんだか

「ミッションさえ見つければなんとかなる!」

みたいな、魔法の言葉みたいに捉えている方が多い気がします。
確かにミッションが定まれば、自分の中でエンジンがかかり、行動が止まらなくなるのは事実。

ミッションは簡単には見つからない

でも、ぶっちゃけるとミッションをそんな簡単に見つけられたら苦労しません。

ほとんどの場合は、「これかな?」と思うミッションを(仮)で定めた後、それを検証するために「行動」に移して自分の中に落とし込んで初めて腑に落ちます。

しかも、ミッションは見つけてもらうのではなく自分で見つけるもの。

最近多いミッション発掘系のコンサルで多いのが「あなたのミッションはこれだよ!」とコンサル側から言うもの。

阪井から言わせると、「あなたのミッションはこれだよ!」と誰かに言われている時点で、それはあなたのミッションではなく、その人が勝手に決めた「ミッションもどき」です。

それ、ミッションもどきではないですか?

多くの場合、こういったミッションもどきの効果は3日から1週間ほど。

最初はテンションが上がるのでいけそうな気がしますが、次第に「いや、これって本当に自分のミッションか?↘↘」という状態に陥ります。

ミッションは見つけてもらうものではなく、自分の中から引き出し、引き出してもらうもの。
相手から「これだよ」と言われた時点で、それはミッションではないです。

ミッションは泥臭く、汗臭いもの

「ミッション」って最近なんだか魔法のように捉えられるけど、ちっともそんなことないです。

「自分の頭と手に汗をかかせた結果、言語化出来ないふとしたひらめきが自分の中に現れたもの。」

それがあなたのミッションのタネです。

現れるまでは大変だけれど、1度現れたらそれはあなたの足下をずっと照らしてくれる、それがミッションです。

さあ、手と頭にめいっぱい汗をかいて、そして実際行動に移して汗だくになりましょう(笑)
汗臭く、泥臭いトレーニングをするのが、実は一番効果てきめんなんですよね(^^)

阪井裕樹

(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー
埋もれた魅力を最大化させる専門家。
ノート3冊分の自分史を使って個人の可能性を最大化させる起業コンサル。
地域の魅力を発掘する地方創生。人と人とを結ぶ海外事業を展開。
珈琲/パクチー/イチゴ好きな旅宿マニア。

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!

【全98ページ!】e-book『無料』プレゼント!
副業/独立して1人起業を実践している方が、「集める」のではなく『集まる存在』になるためのメソッドが詰まったe-bookを『期間限定』でプレゼントしています。

自分がワクワクして行動が止まらなくなる"起業エンジン"を見つけたい。
毎日投稿しなくても集客に困らない「Web × リアル」ブランディングを学びたい。
「集める」のではなく「集まる存在」になり、『断る集客』を実践したい。
売り込みせずに「お願いされる」ビジネス構築を目指したい。

このような方は、このe-bookを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはメルマガでの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

(最終更新:2017/11/25)
CATEGORY :

facebookでコメントする。