ノート3冊分の自分史ヘッダー画像

セミナーからの通過率を75%超にする「ひと言」

セミナーからの通過率を75%超にする「ひと言」

顔見知りがセミナーに参加すると起こること


先日、コンサルパートナーのセミナーフィードバックのために、サポート役のふりをしながら潜入してきました。

そのセミナーは知り合いが多かったらしく、和気あいあいとした雰囲気のセミナーだったのですが、実はこの和気あいあいとした雰囲気は、時には後々大きな問題を引き起こす場合もあるんです。


初めてのセミナーの場合だと、知り合いや顔見知りが多いため、和気あいあいとした雰囲気になるのは仕方ありませんが、一定の実績をだされている方がこのような状況だと、正直売上に繋がるのは難しいです。


「先生ポジション」を獲得する


セミナーの役割は、「講師のオーディションの場」です。


つまり、バックエンドと呼ばれるコンサルやコーチングのサービスを購入してもらうための、一発勝負のお試しの場。

その後の個別セッションに繋げるための非常に大事な時間です。


特に顔見知りの方がいて、あまり回数をこなしたことの無い方の場合は、自分が選ばれる立場なので、ついつい下手に出てしまいがちです。


でも、コーチやコンサルタントはセミナーや個別セッションでは講師は「先生」としてのポジションを獲得する必要があります。


これは別に立場が上というわけではありません。

講師が場の主導権を握り、場をコントロールする必要があるということです。


特に顔見知りがセミナーに来ている場合は、相手は講師のことを知っているので、個人的な話を始めたり、勝手にセミナー改善のためのアドバイスを始めたりして場の空気を持っていってしまう場合があります。(本人は悪気はもちろんありません)


でも、1度そうなってしまうと、講師が場をコントロールすることが出来ず、講師の信頼はがた落ち。

結果として、他の参加者の方にも影響が出てしまい、本来の目的である個別セッションやサービスの購入に至らないという事態が生じてしまいます


場をコントロールするひと言


講師がきちんと先生ポジションを獲得し、場の空気をコントロールするために有効なひと言が、「お疲れ様です」というひと言です。


これは特にセミナー会場に入ってきて最初に声を掛けるときや、個別セッションをスタートさせるときに講師側から先に発すると効果的です。


ついつい、最初の声かけが「セミナー参加ありがとうございます」と言ってしまいがちですが、「ありがとうございます」と講師が先に言った瞬間、「ご参加頂きありがとうございます」という意味合いになってしまい、講師の立場は下になってしまいます。


ちょっとしたひと言ですが、講師は場をコントロールする立場。

せっかく時間を割いてセミナーに参加してくれた方のためにも、きちんと先生ポジションを獲得して場をコントロールしましょう。


そうすることで相手と信頼関係が生まれ、結果として売上にも繋がります。


もっとたくさんの"ヒント"が欲しい方へ


バリューエンス・アカデミーでは、この記事で書いたような成約率や売上をアップさせるためのヒントをメルマガで配信しています。

オープンでは書けないような内容盛りだくさんですので、ご興味のある方は下記よりご登録ください。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

阪井裕樹
(株)CarpeDiem代表取締役
ValuenceAcademy(バリューエンス・アカデミー)主宰
起業エンジンメーカー

埋もれた魅力を最大化させる専門家。
地方創生・インバウンド/法人ES・売上UP研修/個人起業支援の3事業を展開。
珈琲/パクチー/イチゴ好きな旅宿マニア。
47都道府県に各地域の魅力を結集した宿をつくるのが夢。

より深く学びたい方・セミナーへ参加したい方はメルマガへ登録ください。

より深く学びたい方・セミナーへ参加したい方はメルマガへ登録ください。
副業/独立して1人起業を実践している方が、「集める」のではなく『集まる存在』になるためのメルマガを週2回配信しています。

自分がワクワクして行動が止まらなくなる"起業エンジン"を見つけたい。
毎日投稿しなくても集客に困らない「Web × リアル」ブランディングを学びたい。
「集める」のではなく「集まる存在」になり、『断る集客』を実践したい。
売り込みせずに「お願いされる」ビジネス構築を目指したい。

このような方は、このメールマガジンを是非手にとってみてください。
また、各種セミナー・イベントはメルマガでの募集のみで毎回満席となりますので、セミナーに参加希望の方もご登録をお願いします。

登録は以下よりどうぞ

共感したら、はてなブックマークやfacebookのシェアで応援お願いします!

facebookでコメントする。