Page 2

起業後に必要なビジネスにおける「タイヤ」と「車軸」とは?
「起業する。」自分の実現させたい形をイメージし、そのために自分で仕事を作る。これは、本当に大変で、難しいことです。そして、起業にはもう一つ非常に難しいことがあります。それは、継続することです。「創業後3年で90%が倒産する」と良く言われますが、それだけ、継続して売上を立てて行くことは難しいことなんです。そこで今回は、起...
「Giveする人になる。」それ以上に起業家にとって大事なこととは?
「与える(GIVEする)人になりましょう 。」自己啓発本、自己啓発セミナー、起業セミナーや起業コンサル、多くの方が言われていると思います。「Give」これは、もちろん大事な事です。しかし、起業し、自分自身の事業を行っていく上では、もっと大事な事があります。そこで今回は、Giveだけではなぜだめなのか?もっと大事なことと...
起業直後。リッツカールトンから学ぶ「一貫した行動」の重要性
起業をすると、会社以外の人との交流も多くなり、色々な情報に触れる機会が多くなります。その情報の中には、①正確なものや、そうでないもの。②自分にあってるもの、あっていないもの。など、様々。そんな中、サラリーマンとは異なり、全ての事を自分で決めなきゃいけません。特に起業直後の場合、自分の判断に自信が持てず、信用出来る人のア...
起業直後の人必見!購入に繋がる提案方法とその心構えとは?
「提案」が出来ない。「提案」が上手く行かない。商品やサービスを考えた後に、起業直後の方の多くがぶつかる壁です。①自分の商品に自身が持てない…②結果がでなかったらどうしよう…③断られたらどうしよう… など、考えてしまい、提案をする事が怖くなってしまうためです。しかし、商品やサービスを売るためには、必ず「提案」が必要となり...
行動すれば良いわけでは無い。起業後に結果が出る人と、出ない人の行動の違いとは?
ひとり起業家のビジネスを、ノート3冊分の自分史を使って揺るぎない自分軸(=起業エンジン)を見つけ「集める」のではなく『集まる存在』に変化させる起業エンジンメーカーの阪井裕樹です。あなたの友人や同じ様なタイミングで起業した人の中にも、起業した直後にどんどん結果を出し、事業を大きくしていく人と、やっている事や考えている事は...
起業前に必須!「自分で考える力」の鍛え方とは?
起業のサポートをしていると、「自分で考える力」の大事さを痛感します。起業・独立するということは即ち全責任を自分で負うということでもあります。①収入・支出、税金といったお金②時間の使い方③誰と付き合うか 全て自分で考え、選択しなければいけません。誤解を恐れずに言うと、会社員で働いているということはそれが大企業であれ、ベン...
未来のお客様は、実は目の前にいる
「街中での自分の行いがそのまま自分に返ってくる。 」最近強くそう思います。たとえば、①お店で店員さんに対してすごく横柄な態度を取る人。②レストランでスタッフに無理難題を要求する人。特定のオフィスを持たずに仕事をしていると、毎日いろんな方に出会います。もちろん、先ほど書いたような方にも。そんなとき、ふと思ったのが冒頭に書...