独立

Tagged
起業して
こんにちは、ノート3冊分の自分史を使って、コーチ・コンサルタント・講師の揺るがない自分軸をつくる『起業エンジン』メーカーの阪井です。私も含め、コーチやコンサルタントと名乗る人が増え、日々沢山のセミナーやブログ、SNS投稿を目にします。 最近では、なんとか認定講師やほにゃららら協会のように、資格を提供して手数料収入を得る...
【VA Voice:Vol.4】お金という壁
こんにちは、阪井裕樹です。自然体ビジネスコーチの服部瞬さんとの対談シリーズ。今回は「お金」について。独立する時には貯金があればいい。そう思っている人、多いです。でも、本当に貯金があれば全て解決なのか。いやいや、そんなことはない!そう思う方にはぜひ聴いて頂きたい。阪井が会社をクビになって無一文な状態から、どのように復活し...
起業したい会社員はワークライフバランスをまずは捨てよう。
イケダハヤトさんの「ワークライフバランス」を気にする人は超一流になれないという記事を読んで、私なりに伝えたいことがあるので、書いていこうと思います。 イケダさんは 超一流(世界レベルで見ても、上位の能力を持った人材)になるのは、ほとんどの場合、寝食を忘れてそのことに圧倒的な時間を割いている人である と言っています。 そ...
起業初心者の商品はまず売れないからさっさとリリースしよう
起業初心者は、自分の商品をリリースすることに抵抗があります。誰だってそう。自分の商品が顧客の判定を受ける訳だから不安なのは当たり前。 しかし、実はそうやっていつまでも商品をリリースしないより、60%くらいの完成度でもさっさとリリースしたほうが100倍効果的なんです。その理由、解説します。
サラリーマンから起業して結果が出る人が実行する3つのこと
昨日は豪雨の中外にいたので、雨も滴るメガネ男子になってしまった阪井です。昨日の東京の雨、強烈でしたね。最近このような突然降るパターンの雨が多いので、出掛ける際は注意しましょう。さて、今日はコンサルタントとクライアントのお話。ちょっと辛口でスタートです。私たちのようなコンサルタントや先生業をしている人は、クライアントや生...
3つの視点!売込みせずに顧客を惹きつける肩書きの決め方
自分の名刺を差し出した時、自己紹介をする時、必ず言うのが「肩書き+名前」です。会社員の場合は会社名だったり、フリーの場合は肩書きだったりしますが、肩書きはそれだけで相手に自分を判断されてしまうくらい大事なものです。肩書きを言っただけで相手に興味を持ってもらうためには、そのポイントをお伝えします。